始めよう、引きこもり生活

引きこもり生活を始めるために必要なこれからの常識。

~さぁ、お金に困らない引きこもり生活でストレス知らずの健康的な人生を創りましょう!~

 引きこもりと言えば、(薄)暗い部屋で窓を閉め切り地上波民放番組のテレビ(笑)をつけ、2ちゃんねるのうだ話を追いかけ続けて相手にしてもらえなければバスジャックや人の集まるところで凶器を振り回す……そんな生き方だと思い込んでいませんか?
今の引きこもりは明るくて換気の良い部屋で通販で手に入れた美味しい食べ物や酒と音楽や映画を楽しみながら世界中の人々とネット会話を楽しんでいるのが実態です。そう、ITなど現代の設備を賢く使いこなして無駄な費用やストレスとは無縁の「経済的なのに快適な生活する人々」、それが今の引きこもりなのです。

引きこもり生活を始めるいくつかの理由。
•犯罪や事故に巻き込まれることが少なくなる。
•支出を減らして貯蓄を捗らせることが出来る。
•身体及び精神的ストレスから解放される。
•きっと、幸せになれるはずw
 新幹線のトンネルや首都高速道路、最近では中央高速笹子トンネルの天井が落っこちたりとインフラの老朽化問題が巷の騒ぎになってるし、非正規雇用の増加などで庶民が貧乏になって来ているのに頭がおかしくなっているとしか思えないように金を取る側が消費を煽り続けているからなのか、何故か通り魔などの犯罪をやり出す者がいたりと屋外には危険がいっぱい。明らかに時代が引きこもり生活を求めている。乗るしかない、このビッグウェーブに。

衣食住
 部屋は賃貸でも購入でも構わないけども、ブロードバンド定額制のインターネット、光ファイバーにCATV、携帯電話などの無線通信回線などが利用できることと交通至便出来れば交通機関の利用しやすい所がよい。テレビはBSやCSはパラボラアンテナなので問題ないし地上波は引きこもりにとって有益でない番組が多いのでCATVや共同視聴システムをつきあいで加入する程度にして原則無視して良いだろう。レコーダーや録画機能は時間の有効利用のため極力用意したい。

住居については、ブログでも随時考えなどを掲載しているのでそちらもご覧頂きたい。

 マイカーは持たない方が支出を減らす面でもよいのだが、引きこもりなら喧噪を避けて暮らしたいという考えもあるだろう。その場合でも、車にはお金をかけないということを意識して選びたい。そうなるとやっぱり軽自動車だけど、居住地までの道が悪路だったりすると昔の軽では足回りが弱すぎて不快どころかステアリングが凹凸に応じて震える(笑)など安全面でも最悪なので必ず試乗してから選びたい。最近は日本車でもまともな脚の車種もあるので要注目。もし、近くに腕が良くてそんなに高くないw業者とのつきあいがあるのなら、欧州メーカーの車の選択肢に入れた方が良いだろう。そんな俺も昔は日本車より故障の少ないイタリア車に九年程乗っていた。但し多くの車種で燃料がハイオク必須なのと正規輸入車の整備費用はやや高めなので距離を乗らない人(年間二万キロが目安)には却って損だろう。見栄でならむしろ自国メーカー車の方が愛国気分を味わえる(笑)。

 食べ物の調達は引きこもりにとって重要な課題だけど、通販やネットスーパーが田舎でも利用しやすくなっているとは言え一品だけ追加購入したくなったり、商品の値段だけを考えれば実店舗で買う方が安上がりなケースも多い。スーパマーケットやディスカウントストア、ホームセンターへ円滑に通えるルートを確保しよう。
何、引きこもりが店に行けるわけがないってか?
だから昔のネオむぎ茶のような対人関係をを完全に拒絶した引きこもりじゃなくてネットや現実世界での対人関係は難なくこなせるレベルを持っているのが今の引きこもり、そういう前提でこのサイトは作られているのでその突っ込みは無意味だよ。

 衣類に関しては引きこもりならスタイルやファッション性は気にしなくて良いのでどんどん通販を賢く利用しよう。
着心地に拘っても見栄えに拘る必要性がないから。ただ、これも物によっては実店舗の方が安く調達できることもあるのでそこら辺は臨機応変に対応したい。

お金
 収入を得る方法に関しては在宅勤務がなかなかやりづらいし、勤め先へ出かける必要からは逃れることは出来ないかも知れない。自営業でも始めるのなら収入を得る際にも引きこもっていられる体制は作れるかも知れないが、これに関しては現状への迎合は拒めないだろう。

 貯蓄や資産づくりに関しては今ではインターネットにつないだPCという強力な武器がある。
便利なクレカ金融機関探しから商品売買まで賢く使いこなしたい。

娯楽
 「インターネットにつないだPC」。
昔は海外の18禁ネタ程度だったが、今では日本以外の世界中の音楽が簡単に通信費のみで聴けるようになったし、ビデオ配信もデジタル放送よりもノイズの少ないHD映像が楽しめるようになった。消費者向けのビデオソフトで一番質の良い映像が手に入るのがBDビデオだけど、これは宅配レンタルを利用することによって手頃な値段で手間をかけずに借りられるようになった。
HuluやNETFLIXの日本上陸で注目が集まったネット配信サービスも、昔はApple TV だけだったのが、今や chromecast や Amazon Fire TV の登場でより利用しやすい体制が整いレンタル店を滅亡へと追いやりつつある。
ネット配信でしか見られないコンテンツも増えて、解像度4Kの対応もいち早く(UHD BDの足並みは揃っていないようですし……)行っているので、今導入するなら断然ネット配信だろう。

 ネットラジオは海外だけでなく国内でもradiko.jp(民放・放送大学)、「サイマルラジオ」(コミュニティFM)やらじるらじる(NHK)の登場で市民権を得たかも。短波ラジオがなくてもラジオNIKKEIが聞ける歓びを堪能している人も多い筈。スマートフォンの通信料の元を取った気分にもなれるだろう。
 ほかにも iTunes やWinamp などの各種メディアプレーヤにもラジオ機能があるし、聞きたい番組が手軽に探せるオンデマンド配信のポッドキャスティングやおなじみ動画共有サイトなど学習から夜のおかずwまでインターネットは正に情報の倉庫。手間はかけてもお金をかけずに快適な暮らしをするためには欠かせないものなので賢く使いこなして引きこもり生活を充実させよう!

信条とこれからの常識。
・娯楽はインターネットで殆どを済ませることが出来る。
・出来れば収入獲得もインターネットで殆どを済ませることがしたいけど(笑)。犯罪以外で。
・消費もネット通販を賢く使って費用はともかく手間労力と時間を大幅削減。これには衝動買いや「ハズレを掴まされる」事からの回避も含まれる。 そもそも消費なんて商品の価値を享受するためにお金を払うことなのだから、「買い物自体を楽しむ」ことは浪費をさせる側の陰謀でしかない!そんなこと理解しなくてもいいのです。
・ポイントをもらうよりは値引きの方が断然お得。値引きするなら最初から安く。そもそも買う必要があるのか?
・新卒早々入社したところは今で言う「ブラック企業」の先駆けだったところ。重労働低賃金なだけでなく、不祥事も多く逮捕者もでたところ。 当時24歳だった彼よりも先に「働いたら負けかなと思う?」と考えるようになった。バブル経済の恩恵は受けられなかったし。
・若い頃はマスゴミに騙されて浪費を重ねていた。今はその正反対の貯蓄大好き生活を心がけている。
今の若い子らはちゃんと貯蓄して賢いね。昔はインターネットがないこともあったからなのか、罠に嵌められてばかりだった。あの頃から貯蓄生活だったら俺も労働解放に成功していただろう。
・これからの目標は労働解放。

共感を覚える萌えサイト達。
 家計貯蓄 貯まる人 貯まらない人 - 充実した引きこもり生活に必要な物を用意するために。
 家計貯蓄 貯まる人 貯まらない人 パート2 - ↑の二つ目。
 家計貯蓄 貯まる人 貯まらない人 パート3 - ↑の三つ目。
 労働環境の通信簿 - ブラック企業の根絶を。
 バリュー消費入門 - 始めよう。
 バリュー消費を実践して富を得る - やろうぜ!
 バリュー消費~洗練された節約~ - 常識。
 ポチは見た!~マスコミの嘘と裏~ - これも常識。
 Buy Nothing Day - 無買日。
 ヤメル講座 - これこそ、賢者の選択。

 鳴かず飛ばず働かず - 勝山実氏のブログ。
 ひきこもりサバイバルマニュアル - 豆知識

 AllAbout [シンプルライフ] - シンプルライフの師匠?、金子由紀子女史がガイドを勤める入門から実践の検証までが出来るページ。
 断捨離 やましたひでこ公式サイト - 持つべき物の取捨選択の参考になるかもしれない。